twitter

@89089314 をお気軽にフォロー下さい♪過去ログはこちら

最近読んでみた

時々読み返したい

今までに書いた本

割安と思うものに投資する

ワタクシが家を買おうと思ったのにはもう一つワケがある。

ワタクシは4年前より投資で資産運用することに目覚め、
それまでの無貯金浪費生活を改め、
少しずつタネ銭を貯めてはFXや株に投資してきた。

そして例の「リーマンショック」を機に
大事にしてたクルマを売り、バイクを売り、
全財産を投入して当時安く放置されてた株を買った。
そしてその後は必ず「2番底」が来ると期待して
その時に備えるべくせっせと貯金に励んだ。

しかし、
待てど暮らせどまた同じような大暴落相場は来なかった。。。

実感としては全く感じられないが、
世界経済は回復軌道に乗ったという記事を目にするようになった。
それで株価も順調に上がった。
一部の銘柄は当初の想定より早く目標価格に到達したので
予定通り売却して初期投資金額を回収できてしまった。

手元に300万円ものキャッシュが現れた。
こんな大金、人生で初めて見るwww
しかし現金で持ってても何も生まない。
貯金してても利息は知れている。
株を買いたいがなかなか安くならない。

じゃあ、今最も安そうな資産は何?

と考えたら、不動産だったのである。
特に広島みたいな地方都市はバブル崩壊以降一貫して地価が下がり続け
かつてと比べると信じられないぐらい家が安くなってきた。
今後も人口減少に伴って地価が下がり続けるだろう。
だとすると、それを織り込んだ価格で買うことが出来れば
かなりお買い得になるのではないだろうか。

それにワタクシの予想では、日本は遅かれ早かれインフレに向かう。
これは再び経済が発展し始めたらもちろんそうなるはずだが、
不幸にもこのまま経済が衰退するとしたら日本はいずれ財政破綻するか
さもなくば国債を日銀に引き受けさせて大量の紙幣増刷をするかしかなく、
どっちにしても通貨供給量の増大と円安を通じて物価が上がることが予想される。
インフレが起こった時に持っていたいのは現物資産、
すなわち株や不動産、貴金属だ。

じゃあ、もしこの300万円少々のお金で家が買えたら素晴らしい!
と思って探し始めたのが大きなきっかけとも言える。



さて、本題に戻ろうか。



築16年なのに231万円???

いったいどんな地雷があるんだろう?

とワクワクしながら、
その安佐北区の物件を見に行った。

不動産屋から図面を取り寄せたが、
今風の間取で広いLDK、玄関は天井が吹き抜けになっている。
当初は妻へのクリスマスプレゼントと考えていたため
さすがに焦ってきて、今回は一人で現地調査ではなく不動産屋と行って
すぐに内部まで詳細に見せてもらうことにした。

不動産屋の先行するクルマについて行ってビックリ。

これまたずいぶんと山奥である。
鬱蒼とした森の中にその家はたたずんでいた。

「これでも建築当初は日当り良好だったそうです」

聞けば、家周囲の木々がこの16年で巨木になってしまったらしい。
国有林なので勝手に切るわけにもいかず、そのまま放置されてるらしい。

玄関に入ってさらにビックリ!

カビハウスである
どうやら山から谷筋を流れてくる川のほとりにあるため
山から霧が降りてくることが多いこと、
そして家を取り囲む森のせいで日当りも悪く、
さらに今風の高気密住宅であるので湿気が逃げられない。

カビ臭もすごいが、至る所がカビでモフモフしてる
室内クロス全面張り替えが必要だ。
しかし吹き抜け部分はどうやればいいんだ?
足場を組んでやる必要がありそうだが、
いったいどれぐらい金がかかるんだろう???

絶対に吹き抜けのある家は買うまいと誓った
スタイリッシュで開放的だが修繕費が高過ぎる。

この金額は確かに安いが、
ちょっとこういう事情なら難しい。
わざわざ遠距離通勤になるのを耐え忍ぶなら
もっと安くしてもらわなければ割に合わん。

「値引きはできそうですか?」

と聞いてみるが、難しいと言う。
なぜならこの家は任意売却物件だからだという。

つまり、ローンを返せなくなったために
その返済のために売りに出されてる物件で
値段は銀行の債権回収も絡むので下げにくいとのこと。
(仮にこの値段で売れても銀行はローンを全額回収できず泣きを見る。
 だから銀行も納得できる値段じゃないと売れないとか)
たいていこういう場合は不動産業者が買い取ることが多いが
(基本的に任意売却物件は叩き売られるためオイシイ物件である)
これは小粒過ぎて利益にならないから興味を持ってくれないらしい。

ちなみに売主さんは普通のサラリーマンで高校生の娘がいるが
今回の不況でリストラされてしまったらしい。悲惨だ・・・

案内してくれた不動産屋には
リフォームして転売することを勧められたが
(キレイにすれば400万ぐらいで売れるのでは?と)
転売はリスクも高いし個人でやると税金が高い(税率が約40%)。
それに住める家を探すという本題から外れるので諦めることにした。



妻へのクリスマスプレゼントに家を!
というのはもはや絶望的となる_| ̄|○

じゃあ今度は1月末の妻の誕生日プレゼントか?

とか思いながら、その日も外回りの仕事をしていたのだが、
ふと、
ある家に目が留まった。

この家、
1年前から売りに出てるような・・・

汚れてだらしなくなった不動産業者ののぼりのそばに
朽ち果てた連絡カードが落ちていた。

試しにそこに書いてある連絡先に電話してみる。

通じた。

相手もその家のことをすっかり忘れてたらしい。
なかなか話が通じなかったw

その家の概要をファックスで送るように依頼。

帰宅後、
そのファックスを印刷すると・・・



キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!

広島市安芸区
築35年
300万→230万→160万に値下げ

つづく・・・

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック