twitter

@89089314 をお気軽にフォロー下さい♪過去ログはこちら

最近読んでみた

時々読み返したい

今までに書いた本

買付成功・・・しかし失敗

安芸区で発見した築35年の160万円の物件。

職場にも近いし駅も徒歩圏内だしスーパーや小学校も近いし
これって結構イイんでない?

ただ、
問題点はまず駐車場が無いこと。
坂道が多い地区なのでチャリンコ生活は厳しい。
近所に月極駐車場があるか調べなければならん。
それから室内の残置物の多さ
窓から中を覗いてみても、
とてもじゃないが中を見る気にならん。
物置として使われてるの?というぐらいギッシリ詰まってる。

間取り図が無いので内部の様子を不動産屋に聞くが、
あくまで「古家付き土地」ということで案内しているとのこと。
しかしまあ、きちんと手入れすれば
住めるようにはなるかもしれないとのこと。

ということで後日、中身を見せてもらう。
やっぱり残置物が多過ぎて入れない部屋もあり、よく分からない
とりあえずトイレは汲取式でファンタスティックな臭いを発していた

すぐにでも買い付けを入れたかったが、
そこをぐっとこらえて、まずは物件のダメ出し。
それからいつまでたっても売れていない現実を指摘して

「120万円で買います」と伝える。

不動産屋はちょっとたじろぎながらも
「とりあえず売主さんに持ってってみます」と言ってくれた。


そして年末。
ケータイにその不動産屋から着信。

「売主様は140万円以下では売らないと言ってますが・・・」

おお、それでも値引きできるジャン
売り出し価格からしたら半額以下だよ

ワタクシは笑いを噛み殺しながら
「ならば仕方ありません、こちらも泣きましょう。それでお願いします」
と伝えて、今後の商談の日程について相談して電話を切った。

やったー!!!ついに家が買えた!
しかもそんなにド田舎ってわけでもないとこで140万円だ
自分の信念を貫いて見て回ったかいがあったというものだ。

ホントにド年末だったので、商談は年明けにすることになった。
年明けが本当に待ち遠しい。
しかしこの喜びを誰にも言えないのがツライところだ
なぜなら妻へのサプライズなのだからwww



そして新年。
不動産屋から着信あり。

「あのー、大変申し上げにくいのですが・・・」

え???

マジっすか!!!

年末年始の休みの間に、
ご近所さんがその売家の商談がまとまった話を聞いて
満額出すから話をひっくり返せと言いだして
結局そっちに売ることになったとか。

なんじゃそりゃーーー

教訓:
取引は最後の最後まで気を緩めちゃダメ。
特に現金買いは迅速さが最大の武器なんだから
ゆっくり話を進めてはならんのだ。

しかし掴んだと思ったものがスルリと逃げて行ったショック・・・
しばらく立ち直れそうにありません_| ̄|○



つづく・・・

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック