twitter

@89089314 をお気軽にフォロー下さい♪過去ログはこちら

最近読んでみた

時々読み返したい

今までに書いた本

ヤクザな指値をしてみる

ワタクシは中古のモノが好きだ。

そりゃまあ何でも新品が良いのは認める。
しかし10年以上ネットオークションとかやってきて思ったのだが

新品は売り手の都合で値段が大方決まるけど
中古品は売り手と買い手の合意で値段が決まるんだよね。
だから早く売りたい人に出会ったら、
ビックリするほど安く買えることもあり得る。

逆に、急いで買いたい、どうしても欲しい、という場合は
高い買い物になりがちだ。

だから特にこだわりの無い場合は、
売ってくれそうな人から売ってもらうのが一番だ。

結構高い買い物であるクルマでもそういうことが通じる。
では、もっと高いが住宅でも同じやり方が通じるのではなかろうか?



今回、ネットで検索してて目を引いた物件は
広島市安芸区
築38年 3DK
土地96平米
390万円

確かこれ、少し前まで500万円で出てた家じゃなかったっけ?
向こうから値引きするということは
さっさと処分したいか相当弱気になってる証拠だ。
さらに値切れる可能性大だ

ちなみに「全国地価マップ」で確認すると、
路線価では350万円ほどの評価になる。
すると標準的な地価は420万円ほどか?
建物がどうかによるが、これはなかなかお買い得だ。
ということで現地調査に出発

場所は、職場から徒歩10分少々のところだったが、
行ってみてビックリ
軽自動車じゃないととても通れなさそうな道に
まるでジェットコースターのような急坂、
よくこんなところに団地作ったな
その閑静な団地の奥まったところにその物件はたたずんでいた。

築38年という割には、キレイだ。
しかし北向きで南側は巨木の生えた山になっており、日当りがイマイチ。
そのせいだと思うが、全体的に苔むした雰囲気だ。

しばらくして不動産屋到着。
内部を見せてもらう。

入ってビックリ

玄関が凄まじくキレイだ
シューズボックスも廊下も壁紙も全部リフォームしてある。
おお、風呂とトイレもリフォーム済みだ。
洗面台もシャンプードレッサーになってるぞ
我が家よりキレイじゃないか

しかし台所に入って唖然・・・
壁は昔ながらの綿壁で、油汚れがビッチリだ。
リビングにあたると思われる和室も壁紙が剥がれてて汚い。
二階へと通じる階段は暗いし、二階の和室も推して知るべし。

う〜ん、
玄関入った時の感想が全て吹き飛んでしまったぞ
しかし、風呂とトイレという
リフォームに金がかかるところがキレイなのはプラスだ。

聞けば、売主様は500万円かけてリフォームしたらしい。

ええっ!?どこにそんなにお金かかったの???
と聞いてみたところ、
どうも10年前の芸予地震の時に屋根が落ちたりしたのを直すついでに
一生住むつもりで掘込みガレージを作って、水廻りもリフォームしたらしい。
確かに多少家が歪んでいるのか、フスマや窓は動きが渋いところがあったが
基礎の部分は問題無さそうだし、まあ許容範囲だ。
登記簿を見せてもらうと、
確かにその時期に土地を担保に400万円以上銀行から借りている。
頑張って直したんだなぁ・・・

しかし、運命とは皮肉なもので、
その後売主さんの奥様が他界。しばらく一人暮らししてたが
心配した息子さんに呼び寄せられ現在は遠方に住んでいるとのこと。
それで売りに出された家だという。
それで1年近く経っても売れないので、早く処分したくて値下げしたとのこと。
これだから持ち家はあまり欲しくない、未来に柔軟に対応できなくなる。
特に住宅ローンがあれば本当に身動きが取れなくなる。
それでもなお買うとしたら、現金で買える激安の家に限ると確信した。

さらに不動産屋から、
 以前250万円で買付を入れた人がいたが却下されたこと
 内装全部リフォームで80万円かかるので断念した人がいたこと
などの情報を得て、
様々な難点を一通り列挙したところで交渉開始♪

「先ほど説明した通り、厳しいのでもうすこし値引きはできそうですか?」

「この値段に下げてもまだ反応が無いので、できるかもしれません」

「250万円とは言いませんが、290万円でどうでしょう?」
100万円引き、売り出し価格からは210万円引きだが強気で攻めてみる。
もちろん現金でいつでも決済可能、現状渡しでOKという条件付きだ。
今までの物件と比べれば甘いかもしれないが、相変わらずヤクザな指値だ。

不動産屋は少し考え込んでたが、
「まあいい加減売主様にも決断していただいた方が良いですから、持ってってみます」

ということで、お願いした。



数日後、
外回りのお昼休み中に不動産屋からケータイに着信。

「申し訳ありませんが、売主様が『下水道接続にも100万円以上かかってる』といわれ・・・」

ダメだったのか!?

「350万円じゃないと無理だとおっしゃってます」

おお、食いついてきたじゃん
これでもいいんじゃないかと思ったが、
希望額にならなかったんだから何か条件を提示しないと
そのままでは飲みたくない。
そこで、
リフォーム業者に見積もりを取るからもう一度物件を見せて欲しい、
返事はその後にするから一時売り止めにしてもらえないか聞くと
OKがもらえたのでそうすることにした。

リフォーム業者は、昔からうちの実家がお世話になった工務店を使いたかったが
そこの棟梁がもう高齢であまり出張できないと母から聞いてたので断念。
ちょっと実家からは距離があるからね。
以前お世話になった便利屋に頼もうかと思ったが、
もっと安いとこがないかと思ってネットで検索して見つけた。

そして二度目の現地調査へ・・・
この結果で攻めるか退くかを決めよう。

つづく。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック