twitter

@89089314 をお気軽にフォロー下さい♪過去ログはこちら

最近読んでみた

時々読み返したい

今までに書いた本

いよいよ決済

まあいろいろ後悔と反省はあったわけだが、
この度はビックリするほど激安の一戸建てが買えた。
それだけでもヨシとしよう。

決済の日が決まり、
決済場所となった不動産屋へ行く。

今回、家の名義変更には
昨年実家の相続というメンドクサイ手続を
格安で請け負っていただいた司法書士の先生を指名。
今回も格安で引き受けていただいた。
本当にありがたい。

さて、
このたびの家は現金購入なので現金を用意しなければならん。

家の代金が320万。それに日割りで固定資産税を売主さんに支払う。
他に不動産屋に仲介手数料、司法書士に登録免許税と代行費用。
合計で350万円ほど。
決済が土曜日なので、金曜だと仕事が忙しくて銀行に行けないといかんので
妻に通帳と印鑑と渡して用意してもらおうとしたのだが
「そんな大金持ってウロウロしたくない!」と却下。
ちいい、根性無しがあ

結局は金曜日に休みが取れたので自分で銀行へ。

せっかくなので、景気良く「新札」でお願いしてみる

窓口のねーちゃんには、全部は無理かも、と言われるがとりあえずお願い。

待つこと約10分。
出てきましたよ、現金約350万円が
とりあえず支払先別に小分けしてもらい、銀行を後にする。

う〜ん、こんな現金、見るの初めてだwww

ということで記念撮影。
家の決済代金320万円の束を抱える仗助。
きっとこれで将来また札束を掴んでくれるだろうwww

そして決済の場へ。

売主さんは、70前後のおじいちゃんだった。
不動産屋の担当者に物件や契約内容の説明を受けながら
物件の思い出などについて和やかに話をする。
このたびはヤクザのような指値をしたが、
やはり売主さんも肩の荷が下りたようで
実に円満な決済となった。

ただ一つ気になったのは、

お隣サンが昼間っから飲んだくれて色々厄介なひとであるということ
それはかなり嫌だ
でもまあ、いざとなったらうちの病院に対応してもらおうかwww

そうこうして無事に決済完了。
売主さんの
「これで完全に広島と縁が切れるのぉ」
という言葉が何だか心に染みた。

いろいろありましたが、
こうしてワタクシは激安の一戸建て住宅を手に入れました。
次は頑張ってリフォームして
妻に喜んでもらえる家にしていきたいと思っています。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック