twitter

@89089314 をお気軽にフォロー下さい♪過去ログはこちら

最近読んでみた

時々読み返したい

今までに書いた本

通信販売のhidexストア

ブログ内で取り上げる商品はコチラから↓
イマコレバーゲン会場-生活家電・人気雑貨-
ワタクシも私用で使う信頼できる通販です。

人間は完全ではない

人間は神にはなれない。
なぜなら不完全な存在であるからだ。

ゆえに、「人間は良いことをする手で悪いことをする」。

ここ、大事だと思います!
つまり、善人にも悪事を働く可能性があり、
どんな悪人にも更正の可能性はある。
その時の状況やそこに至るまでの過程で人間の行動は左右されるものなのだ。

また、人間は先のことを完全に見通すことができない。
だから、良いと思ってやった行いが必ずしも良い結果をもたらすとは限らない。
逆に悪徳だと思われていたことが良い結果をもたらすこともある。


例えば医療においては、
多少なりとも患者さんの行動を変えたり従わせたりするのであるから、
「かわいそうだから」などの心情や
「これがベスト」という独善で動いてはならないと考える。
我々は動機や手段ではなく、結果に責任を持つべきであろう。


これを応用して、同じロジックで政治を考えると、
政治とは暴力を独占するシステムであるから、
(国民に殴り合いをさせないという意味で)
医療以上に結果に責任を持つべきである。
原発問題に垣間見える穢れ思想みたいな純粋な動機で
日本を貧しい方向へ導いて欲しくないものだ。




コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック