twitter

@89089314 をお気軽にフォロー下さい♪過去ログはこちら

最近読んでみた

時々読み返したい

今までに書いた本

通信販売のhidexストア

ブログ内で取り上げる商品はコチラから↓
イマコレバーゲン会場-生活家電・人気雑貨-
ワタクシも私用で使う信頼できる通販です。

PubMedのTips(Single Citation Matcherの使い方)

昨日、こんな記事が2chにあるのを知って衝撃を受けた。


なんじゃそりゃーーーーーΣ( ̄ロ ̄;)

////////////////以下、引用
ドイツの科学者たちの研究で、一日10分女子のバストを眺めると、血圧を下げる等、健康に良い効果があると分かった。 

米国の学術雑誌“New England Journal of Medicine”に掲載された研究結果によると、スポーツジムに通うより、女子の胸を眺める方が健康にいい、という。 

研究結果を発表したカレン・ウェザビー博士は「10分間、女性の胸を見つめるのは、30分のエアロビクスに匹敵する効果がある」としている。同博士が率いる研究チームは、5年間かけて調査を実施、このユニークな結論を導き出した。 

毎日女子の胸を眺めるように言われた被験者の男性たちには、血圧が低い、静止時の脈拍数が低いといった健康上に良い効果がみられ、冠状動脈疾患の危険性が減るという。 

ウェザビー博士いわく、その原因は「性的に興奮することで、心臓がドキドキして、血行が良くなるから」だそうだ。 

「男性は40歳を過ぎたら、毎日10分間は女性の胸を見つめることをおすすめする。できればDカップ、またはそれ以上のサイズがいい。大きなバストを見つめれば、男性の健康状態は良くなる。間違いない」と、同博士は言う。
引用ここまで////////////////


ホンマかいな!?

一応、2chに示されてた記事には大本の英文記事が示されてたので当たってみる。
確かにそのような記述がある。


むむむむ、
これはすごいことです。
確かに血圧が下がるというのは代用のアウトカムにしか過ぎませんが、
一応は冠動脈疾患のリスクが下がる可能性はもちろんあるわけだし、
一方で害悪というのはおそらく
ストレートに女性に「オッパイ見せて下さい」と言ったら引っぱたかれるぐらい?
いや、むしろこのようなエビデンスがあることを根拠にすれば
若干強引にお願いすることも可能にさせてくれるのではなかろうか???
これは男性諸氏にとっては素晴らしいエビデンスだ!

ということで、これはもっとこの研究の詳細を知る必要があると考え、
(決してふしだらな観念による判断ではありませんぞ!)
PubMedを検索してみた。


さて、こういった情報から原著論文を当たる場合は
Single Citation Matcher が便利だ。

今回のように掲載されている雑誌(The New England Journal of Medicine)と
著者(Karen Weatherby)が明らかになっている場合、
さらに出版時期(元記事が2011年7月9日だからそれ以前の近い時期のはず)、
この辺が明らかになっていればSingle Citation Matcherの空欄に
それら分かっている情報を入力するだけで良いのです。

JournalやAuthorは入力途中で勝手に候補を挙げてくれるし、
Dateは年だけでもOKなのでうろ覚えでも何とかなったりします。
「いつ頃どの雑誌に誰が書いたか」これさえ分かれば
誰でも簡単に原著に辿り着けるわけですね。

早速検索してみましょう。

Journal: the New England Journal of Medicine
Date: 2011
Author: Weatherby K

これだけを入力、"Search"をクリックします。

・・・・・・・・・

・・・ドキドキ・・・

・・・・・・Σ( ̄ロ ̄|||)

No items found と表示されてしまいました。

おかしい、そんなはずはない、
そうだ、きっと2011年ではないのかもしれない。
と、Dateを空欄にしてみても結果は同じ。
ここにきて何だか嫌な予感が・・・
今度はAuthorだけで検索。

すると8件ヒットしたが、タイトルからは全く関係無い論文のようだ。

ここから言える結論はただ一つである。



今回の話、

おそらくガセネタであろう(;´Д`)

念のため"women's breast"や"blood pressure"などをキーワードに
臨床論文を探してみましたけど、それっぽいものも見つからず。
単にPubMedの検索履歴が恥ずかしいことになる一方でした_| ̄|○



ということで、
冒頭に掲げたようなヘルスケア関連情報を見つけた場合は、
PubMedのSingle Citation Matcherを使えば数分で原著に当たれるはずですので
医療関係者はぜひそういうところで原著の存在をチェックする習慣を身に付けておいて欲しいところです。
何しろそのエビデンスレベルを云々する前に
そのエビデンス自体が実は存在しないということもあるわけですから。


しかしまあ、あんなオッパイを冒涜するようなガセ記事を書いた連中は
乳首と手首が同じ太さになる呪いをかけてやりたいところです。




コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック