twitter

@89089314 をお気軽にフォロー下さい♪過去ログはこちら

最近読んでみた

時々読み返したい

今までに書いた本

通信販売のhidexストア

ブログ内で取り上げる商品はコチラから↓
イマコレバーゲン会場-生活家電・人気雑貨-
ワタクシも私用で使う信頼できる通販です。

アドレスV125G用自作整流回路(1)

ワタクシの愛機アンドレ(アドレスV125Gのこと)ですが、
ヤフオクで見つけた安物のLEDテールランプに交換してご満悦してたら
気が付くといくつか球切れしてました。


LEDってそんなに寿命短かったか?
と思ってたんだけど、どうやらLEDは
逆方向に電圧がかかるような使い方をしてると壊れやすいみたい。

125ccクラスのバイク、特にこの排ガス規制前のアドレスは
テールランプはダイナモからバッテリーを介さず直接交流が来てるので
(ブレーキランプの回線はバッテリーからの直流12V)
そりゃモロにエンジンの回転数の影響を受けるから
電圧が安定しない交流なわけで、
思いっ切りLEDには不向きな電気なわけですわ。

ネットを見ればアドレスを全直流化してる人もいるけど
そこまでやるとどうも大手術が必要になるみたいで
とてもわずかな休みにはできっこない。

ということで、整流回路を作ってやることにした。

原理としては簡単だ。
まずブリッジダイオードを使って
交流電流のサイン波の下半分部分をひっくり返します。
そしてコンデンサを使ってその波をなだらかにします。
まあその辺の詳細は図を書くのも面倒なので
興味ある人はぐぐって下さい(^^;)

とりあえず材料はデオデオ本店の電子パーツ売り場で揃います。
念のため少し容量も大きめのものをチョイス。
ブリッジダイオード 1
電解コンデンサ(1000μF) 1
ツェナーダイオード(電圧制限用) 1
抵抗(82Ωだったかな?) 1

では、作成は次回の記事で。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック