twitter

@89089314 をお気軽にフォロー下さい♪過去ログはこちら

最近読んでみた

時々読み返したい

今までに書いた本

通信販売のhidexストア

ブログ内で取り上げる商品はコチラから↓
イマコレバーゲン会場-生活家電・人気雑貨-
ワタクシも私用で使う信頼できる通販です。

それでいいのかアップルジャパン

昨夜のインターネット抄読会JJCLIPに参加して下さった皆様お疲れ様でした。
実はこれが終わるまで様子見を決めていたことがあります。
それはうちのMacBookのOSのアップデートです。

先日、Mac OS 10.9 "Mavericks"がリリースされ、
なんとメジャーアップデートなのにフリー!
タダでの提供ということでとても楽しみにしていたのですが、
万一トラブったり動作が不安定になるとツイキャス配信が困ると思って
今日までとっておきにしてたんですよ。

で、やっぱりトラブっちゃいましたけどね_| ̄|○
(「失敗しました」なんてエラーメッセージとともに起動ディスクが認識されなくなった)
いや〜やっぱり後にしておいて良かった。。。

それでもまあ結局何とかできたわけなんですけど
ちょっと疑問に思ったことがあるのでそこをネタにしてみます。

今回の新OSをリリースするにあたり、
iWork3アプリのPages、Numbers、Keynote
(よく知らない人はおなじみのWord、Excel、PowerPointみたいなもんと思えば良いかと)
これらもバージョンアップとなり、
既存のユーザーは無償でアップデートできるとの発表があったわけです。

「Apple、最新OS「Mavericks」を無料提供、iWorkとiLifeも刷新」 http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20131023/513004/

Apple本社のPress Infoにもこう書かれています。
"Existing users running Mavericks can update their apps for free from the Mac App Store℠."

ということで、何とかMavericksへのアップデートに成功したので
こっちもアップデートしようと思ったんですけど・・・

あれ?

何度目をこすってよく見ても、タダではなく2000円のようですが。

そういえばワタクシが使っているiWorkは確か
App Storeができる前に買ったパッケージ(DVD)版。
それだと無償でのバージョンアップは不可能ということなのかなと思い、
アップルのサポートコミュニティを覗いてみたところ、
全く同じお悩み相談がありました。

「iWork09のメディア版はアップデート不可?!」
https://discussionsjapan.apple.com/thread/10139047?tstart=0

そこに示されていた恐るべき解決法とは、

1、システム環境設定→言語と地域で優先する言語をEnglishにする

2、再起動してApp Storeを開く

3、フリーでアップデートできる

おいおいおいおい(;´Д`)
そりゃねーだろアップルさん!
英語環境で起動しているが、接続しているのは
見ての通り日本語で表示される「日本のApp Store」です。
もちろんサインインするアカウントも同じです。
これ、知らずに「無償提供のはずだけどなぁ」ともにょりながら
1本2000円でアップデートしちゃった人いるんじゃないのか!?

現時点では本件に関してアップルジャパンからは
何のプレスリリースも無いようですが
これが日本語環境からのApp Store接続時の処理上の何らかの問題なら
直ちに対応しなければならない話なのではないでしょうか。
もうアップデートのリリースから5日も経ってるわけですが。

思えば以前、アップルストアでiMacを買った時には
新OSが出てから買ったのに、届いたのを起動したら
プリインストールされてるのは旧OSだったり、
(当時はOSも1万円以上したのでさすがに頭にきて
クレーム入れて新OSのDVDを届けてもらいましたが
そこに辿り着くまでにも結構時間がかかりました)
最近でも「Map」の騒動がありましたよね、
海外でも酷かったみたいですが、日本はそれ以上に酷かった。
日本語環境での開発にアップルジャパンがどこまで関わってるか知りませんが
少なくとも本社や開発側との連携はうまく取れてないんじゃないでしょうか?

こんなこと繰り返してたら、
せっかくiPhoneからMacに興味を持つ人が増えてきたのに
そういう人をみすみす逃してしまうことになりますよ。

と、Mac OSがかつて「漢字Talk」と呼ばれてた時代からの
Macファンの一人として心配申し上げたい。

 

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック