twitter

@89089314 をお気軽にフォロー下さい♪過去ログはこちら

最近読んでみた

時々読み返したい

今までに書いた本

通信販売のhidexストア

ブログ内で取り上げる商品はコチラから↓
イマコレバーゲン会場-生活家電・人気雑貨-
ワタクシも私用で使う信頼できる通販です。

【地域医療ジャーナル】6月号に寄稿しました

「地域医療×エビデンス」という新しいスタイルのウェブマガジン、
『地域医療ジャーナル』の6月号が配信されました。

以下、ワタクシの記事を一部公開します。
(マガジンの無料部分より長めに公開しちゃいます)

////////////////
「ゲームは有害か有益か?精神と行動に及ぼす影響について」

前回までは3回に分けて、メンタルヘルスの領域でのエビデンス(科学的根拠。主に医学論文とそれが示すデータ)を読む際に気を付けなければならないことについて話してみました。それにあたっては「精神疾患とは何か」みたいなことにも触れざるを得ませんでしたので、私のような若輩者が少々生意気なことを申してしまったと恐縮しているところです。
今回からは、これまでの話をベースに、その時々でふと目に留まった事柄から、地域医療とメンタルヘルスに繋がるような話にフォーカスして書いていこうと思います。
さて、私事ながら、うちには小学生の子供がいます。さすがに小学生になると、近所の子供たちと集まっては携帯ゲーム機で遊ぶことが目立つようになりました。親としては、もうちょっと身体を使って遊んで欲しいなぁと思いつつ、でもこれは自分が小学生の頃にもあったことかもしれないなぁと思ったりしています。
私が小学生の頃はファミコン全盛期でした。学校が終われば、誰かの家に行って、一緒にファミコンでゲームをやったものでした。あんまり夢中になりすぎて、友人の親が怒ってファミコンの電源ケーブルをハサミでちょん切られたこともありました(笑)。でもそれを頑張って繋ぎ直したんですね。電源アダプタを隠されたら、誰かが家から持ってくるとか、今にして思えばなんちゅう根性出してんだかと我ながら呆れるのですが、もしかするとゲームってのはそれだけの嗜癖性があるのかもしれませんね。
当時のゲームというのは、今から思い返せば非常に単純な作りでしたね。私のような当時の小学生も、それがゲームの世界であって現実とは違う世界なのだということは十分に分かって楽しんでいました。しかし、技術は今や遥かに向上し、まさに「バーチャルリアリティ」とでも言うべきところまで現実に肉薄している印象があります。それを反映してでしょうか、例えば暴力的なゲームが暴力的な事件を引き起こすのではないかといった懸念は多くの人が持っているように思われます。私自身も実は、とある凄まじく凶悪で無慈悲なアクションゲームをプレイしたことがあるのですが、「これは子供には見せられん……」と戦慄しました。
ということで今回は、テレビやパソコンやネットを使った「ゲーム」が精神や行動に及ぼす影響について話題にしてみましょうか。

ゲームが青少年に与える害の懸念

例えば、米国心理学会は2005年に次のような声明を出しています。
(そういえばゲームやインターネットの害がクローズアップされるようになったのもこの頃だったですかね)

Resolution on Violence in Video Games and Interactive Media
(暴力的なビデオゲームと双方向型メディアに関する決議)
https://www.apa.org/about/policy/interactive-media.pdf

英語なので、簡単に訳しますと以下のようなことが書いてあります。

(日本語訳中略)

ふう、ここまで一通り訳してて、なんだか恐ろしい気分になりました。
私も迫り来る敵機を片っ端から叩き落とし、金のためにモンスターを殺し、出会った相手といきなり殴り合いのバトルをしながら育ちましたから。
私の心の内面にかなり攻撃性を育んじゃってるかもしれません。さてどうしましょう・・・
しかしまあ、何か良い影響もあるのではないでしょうか。例えば、
学習の強化という面を捉えると、ゲームをすることはより良い行動や思考にも繋がりそうです。それと、もちろん程度の問題もあるでしょう。そして、他の要因もあるでしょう。じゃないととっくに私は犯罪者になってそうです。

まずはこの論文を紹介しましょう。
・・・・・・

以下、

病的ゲーマーの精神的不調。

子供がゲームをプレイする頻度と学校の成績の関係。

ゲームで脳を活性化させることなんでできるんでしょうか?

テトリスをやってみました。

など
////////////////

とりあえず取っ掛かりとして面白く思っていただければ
ぜひこの続きだけではなく、購読登録してみて、
他の先生方の記事も読んでみて下さい。

基本的に月1回発行、月額250円の有料マガジンですが、
お試し期間がありますので上手くすると2ヶ月分無料で読めるようです。
興味があればぜひ読者登録をお願いします。



JUGEMテーマ:身近な医療と健康

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック