twitter

@89089314 をお気軽にフォロー下さい♪過去ログはこちら

最近読んでみた

時々読み返したい

今までに書いた本

マイホームへの道、第2部のはじまり

「マイホームへの道」という連載記事をまた書いてみようかと思います。
とりあえず、以下のバックナンバーを読まれてからの方が分かりやすいかと思います。

1「マイホームへの道」

2「安い家を買うということ」

3「現物調査ツアー」

4「割安と思うものに投資する」

5「買付成功・・・しかし失敗」

6「場所にはこだわらない」

7「傾いてても気にしない」

8「ヤクザな指値をしてみる」

9「その時、歴史が動いた。いろいろ動いた。」

10「いよいよ決済」

上記10話で、ワタクシは一軒家を手にした。
かつて奨学金などで1000万近い債務超過があったワタクシが
ある時このままじゃダメだと気が付き、
そこから必死になって勉強して、貯金して、投資して、
現金決済で抵当権の無い完全に自分名義な戸建住宅を手に入れた。
もちろんそれなりにボロ家ですけどね。

ただ、それを妻へのホワイトデーのお返しとしてプレゼントしたのですが・・・

妻の反応は冷たいものでした・・・orz

まあ、確かに、
「今日はホワイトデーだし、これをプレゼントするお」
と言われて一軒家見せられていきなり喜ぶ人もいないわな。
マジで気が狂ったと思われて精神科受診させられるとこでした(^^;;;

というか、リフォーム前の家を見せたのが良くなかったのかもしれない。

ということで、頑張ってリフォームしてみました。

綿壁に脂ギットリなキッチンを

こんな感じにしてみました。
壁紙を貼るのは業者さんにお願いしつつ、キッチンの掃除と
棚のオレンジのカッティングシートは自分でやりました。

こんな微妙な感じの和室はこんな洋室へチェンジ。

ちなみにフローリングは高いのでクッションフロアです。
それでまあ、階段が暗い感じだったので

これも自分でカッティングシート貼って

こんな感じにしてみました。

それで改めて細君にプレゼンしてみたのですが・・・

「道路が狭いし、やだ」

の一言で片付けられました(泣)

まあね、
確かに軽自動車でギリギリの幅の道を通らなきゃいけないんですが、
あと3年ぐらいしたら新しい道路ができる予定だし、
リフォーム費用も含めたら400万近くかかってるんですけどね。
(まあ、何も言わずに買ったのも悪かったかもしれんが)

なんて、そういう事情なんて考えないのが女なのでしょうか。
もういいですよ別に。
それならそれで、【セカンドプロトコル】を発動しますよ。

セカンドプロトコルというのは他でもない、
もしこの家がどうやっても妻に気に入られなかった場合の
次善の策を考えていたのですよ。
いくらワタクシがアホでも、
一応この家をプレゼントする計画が失敗した時のことは考えてましたとも。

で、そのセカンドプロトコルとは何か・・・

それは、他人に貸すということだったのです。

ということで、この家を賃貸に出すことに決めました。

それがどうなったかは、また次の記事にしたいと思います。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック