twitter

@89089314 をお気軽にフォロー下さい♪過去ログはこちら

最近読んでみた

時々読み返したい

今までに書いた本

通信販売のhidexストア

ブログ内で取り上げる商品はコチラから↓
イマコレバーゲン会場-生活家電・人気雑貨-
ワタクシも私用で使う信頼できる通販です。

【JJCLIP】コレステロールを下げる薬で病気をどれだけ予防できるの?

第33回薬剤師のジャーナルクラブ「JJCLIP」インターネット配信、
新年度2回目の抄読会開催のお知らせをいたします。
今回も初心者向けの配信でございます。
「5月病なんてぶっとばせ!」てな感じの勢いでやっていきますので
皆様も楽しんでいっていただければと思います。

語句解説は丁寧にやっていきますが、
論文を読む前の準備(シナリオのPECO)や
RCTを読む際のチェックポイントについては前回じっくりとやりましたので
今回はそのあたりはかなり軽めに流して
最後のディスカッション、いわゆる
「エビデンスの適用」についてみんなで話し合ってみたいと思います。

実はEBMって、論文を読むのが面白いんじゃなくて、
論文を元にみんなで話し合うことができるから面白いんじゃないかと思っています。

日本語では「論文の批判的吟味」って言いますから

つい批判的な態度を想像してしまいがちですが、
実はそこが大事なのではなくて
このエビデンスは信用できるのかな?できないのかな?
このエビデンスは適用できるのかな?できないのかな?
という非常にどっちつかずの分水嶺のような状態="critical"な状態で
ディスカッションすることで大変場は盛り上がりますし
様々な立場の考え方を知ることができて自分の視野が広がります。
このような視点でエビデンスに臨めば、
エビデンスは他人のプラクティスを批判するものではなくて
エビデンスは人と人とをつなげるものになってきます。
それこそが薬剤師が目指すべきEBMなのかなと思っております。

私たちと一緒にやれば、
全くのEBM初心者でもその片鱗は今回見ることができるでしょう。
ぜひ下記要項をご参照の上、お気軽に配信にご参加ください。

なお、今回は平成28年熊本地震のチャリティ配信ということで
当日の最大同時視聴者人数×100円を熊本県もしくは日本赤十字社に募金することにいたしました!

もうこれガチでやりますから!
上限は預金の範囲内ですけども(笑)
ぜひ私たちが困るぐらいのご参加をいただければと思います!


では、以下に今回の配信日時の案内と臨床シナリオを転載しますので、
初めての方はどうぞよく読んで、
自分がその薬剤師になったつもりで、
場面をできるだけリアルにイメージしてみてください。

////////////////
日時:2016年5月29日(日)
21:00頃から90分の配信予定
(20:45頃より数分間テスト配信を兼ねた雑談の予定)

配信:http://twitcasting.tv/89089314
※インターネット環境があればどなたでも視聴可能です(電波良ければスマホでもOK!)。
※ツイッターかフェイスブックのアカウントがあればリアルタイムにコメントのやりとりができます!
※録音をこちらに保存しておきますので、聞き逃しても後から聞くことが可能です。

今回の抄読会でも仮想シナリオを元にして進めます。
今回のシナリオと文献は以下の通りです。
(シナリオ作成は@pharmasahiro先生。ブログより転載します)

[仮想症例シナリオ]
あなたは, とある街の薬局の薬剤師さんです.
今は5月下旬, GW前後の仕事の慌ただしさもようやくひと段落してきました.

来局される患者さんの流れが途切れて, ちょっと一息入れようとしたところ,
当薬局をかかりつけとしてくださっている方が来局され, 処方箋を出されて次のような質問をされました.

「自分みたいな年齢になればみーんなコレステロールの薬を飲んでいるよね. 今大きな仕事をしているし, できれば定年までしっかり働きたい. ふと思ったんだけれど, この薬を飲んでいれば, 自分も含めて, みんなちゃんと心臓とかの病気を防げるのかな?こういう質問って, あんまり病院ではできないんだよねぇ…」

[患者情報]
会社の重役を務めている50代なかばの男性
これまでに特に目立った病気をしていないが,
健康診断で脂質異常症と高血圧を指摘された3年前より, 以下の薬を服薬中

内服薬:
プラバスタチン錠10mg/Nx1
アムロジピン錠5mg/Nx1

あなたは, 目の前の患者さんにとって, この薬が本当に将来起こりうる疾患の発症を予防できるのか, 早速ネットで検索をしてみました.

すると, 運良く有料の論文が無償で公開されているのを見つけることができましたので, その場で読んでみることにしました.

[文献タイトルと出典]
Nakamura H, Arakawa K, Itakura H, Kitabatake A, Goto Y, Toyota T, Nakaya N, Nishimoto S, Muranaka M, Yamamoto A, Mizuno K, Ohashi Y; MEGA Study Group.
Primary prevention of cardiovascular disease with pravastatin in Japan (MEGA Study): a prospective randomised controlled trial.
Lancet. 2006 Sep 30;368(9542):1155-63.
PubMed PMID: 17011942.

※フルテキストの入手方法ですが、今回はちょっと難しいです。
まず、本来は有料の論文ですので、
Lancetから購入していただくのが本来は一番です。
ただし、無料で手に入れる方法があります。
例えば、PfizerPROに会員登録すると、その会員サイト経由でthelancet.comにアクセスすると
Lancetが全文入手できたりするので、そこからこの論文を探していただくのが一つ。
(論文タイトルの"Primary prevention of cardiovascular disease with pravastatin in Japan (MEGA Study): a prospective randomised controlled trial"をコピペで検索するとすぐに見つかります)
あるいは、このような論文はネット上に転がっていることも多いので、論文タイトルをそのままgoogleで検索してみたら、もしかしたらPDFファイルにヒットするかも……
(ただしそのように入手した論文の著作権等の責任は負えません)
もしどうにも分からないということであれば、
私までご連絡くださればご案内いたします。

@syuichiao先生作成のランダム化比較試験を10分で吟味するポイントもご準備を!
////////////////

今回も超がつくほどの初心者向け配信です。
前回に引き続き、臨床医学論文の基本であるRCTという研究デザインで、
さらにRCTを読むなら初心者でも外すことのできない"PROBE"を扱います。
PROBEとは、"Prospective Randomized Open Blinded-Endpoint"のことで、
簡単に言えば、エンドポイントだけを盲検化したRCTなのですが、
そのメリットとデメリット、読む上での注意点を分かりやすく解説します。

新人さんはもちろん、実務実習を控えた学生さんも、
あるいは「英語の論文なんて読めない」と諦めていた方も、
この機会にちょっとだけ覗いていってみませんか?


配信中、分からないことはどんどんご質問下さい。
コメントにも積極的に答えていこうと思っていますので、
恥ずかしがることはありません、お気軽にご参加下さい!
コメント投稿によって視聴者同士のやり取りもできますから、
そちらも積極的に楽しんでいただければと思います。

では、配信をお楽しみに!
ワタクシもツイキャスを介して皆様にお会いできるのを楽しみにしています。

※どなたでも視聴することはできますが、主な対象は臨床の薬剤師ならびに薬学部5年生以上を想定していますので、医学薬学分野の専門用語等が解説無しに飛び交うのはご容赦下さい

薬剤師のジャーナルクラブは薬剤師による薬剤師のための情報共有と穏やかな学びを目的としたSNSを利用したコミュニティです。EBMでエビデンスと人と、人と人とを繋ぐのが私たちの理念です。ぜひこの機会に、一緒に学んでみませんか? 現在は@syuichiao先生と@pharmasahiro先生とワタクシ@89089314の3名をコアメンバーとした任意団体ですが、NPO法人化を準備中です。つきましては、皆様のお力を必要としています。ご支援くださいます場合は私たちのいずれかにご連絡いただけますと助かります。
 
JUGEMテーマ:
JUGEMテーマ:身近な医療と健康

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック