twitter

@89089314 をお気軽にフォロー下さい♪過去ログはこちら

最近読んでみた

時々読み返したい

今までに書いた本

通信販売のhidexストア

ブログ内で取り上げる商品はコチラから↓
イマコレバーゲン会場-生活家電・人気雑貨-
ワタクシも私用で使う信頼できる通販です。

東京行ってきました

精神科専門薬剤師認定試験の試験監督と合否判定するために
(これでも一応試験委員を仰せつかっておりますので(^^;)
昨日今日で東京に行ってきました。

途中、予約取ったホテル間違えてフロントで恥ずかしい思いもしましたがw
無事役目の方も終えてきまして、ついでに東京観光も楽しんで
充実した日々を過ごさせていただいております♪

そういえば最近、

「ブログ見たよ〜、色々書いてるね〜」

という励ましとも脅迫ともとれるお言葉を
偉い先生方をはじめ、いろんな方々からいただくようになりました。

こんなクソみたいなブログをわざわざ時間とって読んでいただいて
本当にありがとうございます。

ここんとこはずっと「便秘」気味でして
しばらく放置することも多いこのブログですが、
ワタクシという人間を知っていただく広報手段として、
(「パーソナルブランディング」とも言いますな)
また精神科薬剤師への問題提起の一つとして、
そしてワタクシ自身の備忘録としての役割を兼ねて、
これからも個人情報さらけ出しまくりながら
(こんなヤツの個人情報、ゴミほどの価値しかないでしょうw)
気ままに展開していきたいと思いますので
どうぞ静かに見守っていて下さいまし。


なお、活動頻度は

ブログ < フェイスブック < ツイッター

ですので、リアルタイムにワタクシを追っかけたいという奇特な方は
そちらの方をチェックしていただくことをお勧めします。
ツイッターは勝手にフォローしてもらえれば良いですが、
フェイスブックはひと言メッセージ添えて友達申請下さらないと、無視します♪

今後ともよろしくお願い致します。

北海道行ってきました

このたび、講演を依頼されて3年ぶり3度目となる北海道に行ってきました。

せっかくなので1日早めに飛び、
レンタカーで函館観光に向かったのですが、

激しい吹雪と積雪のために観光断念_| ̄|○
むしろ予約したホテルにたどり着くので精一杯。
翌日朝も激しい雪だったので札幌での講演に間に合うか心配になり
朝市で朝食食べたぐらいでさっさと函館を去りました。

何をやったかというと、
ホテルのそばの居酒屋で飲み食いして、ラーメン食べて、
海鮮丼食べて、カニを土産に買って・・・

・・・全部札幌でできるじゃん_| ̄|○

まあ、あまり深いことを考えるのはよしとこう。

それよりも本題の講演の方はつつがなく終了いたしました。
今回は知識を伝えるものではなく、マインドを伝えるものだということで
思いっ切りやりたい放題しゃべらせてもらいましたwww

だからもちろん試行錯誤のネタもあり。
成功したのもあれば思いっ切り滑ったのもありで
自分的には大いに反省すべき点もあるのですが
それを次の講演に活かして、さらに磨きのかかった話ができればと思います。

それにしても北海道の精神科薬剤師のパワーはすごいですね。
ベテランの先生方の繋がりもいいですし、
一方で若手にも、目立ってなくてもなにげに熱いハートの持ち主がおりますよ。

今回のワタクシの話に共感できる部分があったとしたら
その方がこれからワタクシと共に切磋琢磨してくれるか、
そして将来何を一緒に成し遂げられるか、
そういったものに期待してしまいます☆

誕生日雑感

昨日、35歳の誕生日を迎えました。

誕生日って、以前は「クソクラエ」みたいに思ってたんですが、
よく考えたら生きてるだけで勝手に「おめでとう」と言われることって
他に無いんですよね。
それって、自分がただ生きてりゃそれだけでもいいんだ、
とりあえず100%ダメな存在じゃないんだ、ていう
人間の根本的な自己肯定感を感じさせてくれるので
それっていいことだと思うんですよ。

私も生きてていい、あなたも生きてていい、
本来、死すべき存在なんてのは存在しないんですよね。
「おめでとう」
「ありがとう」
それだけで生きてる価値はあるじゃないですか。

さて、
35歳と言えばそれなりに区切りの良い歳なんで、
この5年間を振り返ってみようか。

30歳の誕生日と言えば、
ちょうど前の職場を退職するのを決めた頃だ。
娘が産まれた直後でもあった。
年月が過ぎるのは早いものだ。

ちょうど妻と長男が、娘の出産準備のため実家に帰り、
自分の誕生日を挟んでおよそ2ヶ月間の一人暮らしがあった。
そのとき、ワタクシは初めてたくさんの一人の時間を持てて、
それをとても有意義に使うことができたのだ。

具体的には、人生で初めて何冊もの本を続けて読んだ。
そこでワタクシが受けた衝撃たるや筆舌に尽くしがたいものがあった。
いくつもの人生を変えるべき本に出会った。

そこで確信したことに従って5年間を過ごし、
今、ここにいる。

5年前と比べると、幸せだ。
今の職場に移っていろんな経験ができて、
そのおかげであちこちから講演や執筆の仕事が来るようになったし、
そうやっていろんな人と知り合うことができた。
そして一番の問題だった財政事情も、
死に物狂いで貯めたお金を株で増やすことに成功して
それで買った一軒家をこのたび賃貸に出すことに成功したので
ようやく人並みの収入を得ることができるようになった。

この5年間はワタクシにとってはまさに
どん底からの回復軌道に乗る5年間であった。

では今後の5年間をどうするか?

ワタクシはここ数年で、ワタクシの生き方は
今のところ間違っていないことを確信した。
だからそれを踏襲して今後5年間はさらなる足場固めをする。
仕事と家庭と経済の地盤をしっかり固めて
5年後に大きく羽ばたくための準備をする。
そしてもっと大きく成長する。

具体的プランはここでは語りませんが、
(聞きたかったら一緒に飲みに行きましょう♪)
そんな感じでこれからもよろしくお願いします。

スティーブ・ジョブズの死を悼む

今日、アップル社の創業者にして前CEOのスティーブ・ジョブズ氏が亡くなられた。

「パソコン」と呼ばれるものを持っている人は皆、彼に哀悼の意を捧ぐべきだ。

なぜならパーソナルコンピュータという概念を最初に創造したのは彼だからだ。


・・・需要を創造する・・・

これこそがイノベーションである。
実は「顧客」というものは欲しいものが形になって現れない限り
それを欲しいということを自覚しない。
つまり潜在的なウォンツを形にするのである。
彼の人生はイノベーションの連続であった。
以下、彼の人生をおおざっぱに述べるが、
自分の豆知識から引っ張ってきてるので細かい間違いはご容赦いただきたい。


さて、
ジョブズ氏は大学中退後、友人と自宅のガレージで
その後世界を変えることになるコンピュータを創る。
それがApple I、Apple IIであった。
爆発的なヒットとなったこれら個人向けコンピュータでひと財産築いた彼は
次のイノベーションを起こす。

それがマウスによるアイコンのクリックでコンピュータを操作する、
Graphical User Interfaceを採用した"Macintosh"だ。
これでパソコンは一気に消費者に身近な存在になった。
あなたのパソコンの画面に「ゴミ箱」は見えるか?
見えたらジョブズ氏に感謝しましょう。これも彼の発明なのだから。

しかしその後、彼は社内クーデターでアップル社を追放されてしまう。
ここからの約10年間は彼にとって大いなる挫折と雌伏の期間であった。
NEXTSTEPというOSを開発したり、
ピクサー社を立ち上げてコンピュータグラフィックスやアニメーションも手掛けたりしたが
比較的地味な成功にとどまっている。

1995年になると、経営危機に陥っていたアップル社に
自身が開発したNEXTSTEPを買い取らせる形で経営者に復帰。
(このNEXTSTEPがベースになって今のMac OS Xができた)
辣腕をふるって社内のリストラに着手するとともに次のイノベーションを起こす。

そう、あのスケルトンボディが有名な初代"iMac"だ。
これはそれまでパソコンは実用的なもので、性能や使い勝手で選んでいた顧客に対して
「デザインで選ぶ」という選択肢を提供した。
さらにこれまでライバルだったマイクロソフト社と業務提携、
MacでもIEやOfficeなどのスタンダードとなったソフトが使えるようになる。

そして次に"iPod"と"iTunes"。
ちなみにここですごいのは、iPodというハードとiTunesというソフトではない。
彼は音楽業界を動かして、それまで各レコード会社の縄張り争いのため不可能とされてきた
どの楽曲でも"iTunes Store"でインターネットで購入することを可能にした点である。

その後は皆さんもご存知の通り、
「スマートフォン」という言葉を再定義した"iPhone"、
そしてタブレット型端末の"iPad"、
彼はそれまでユーザーが「欲しい」と認識すらしていなかったものを
自ら創造することで需要を喚起してきたのだ。
iPhoneやiPadも発売当初は「ホントに売れるのか?」という声が少なくなかったと聞くが
今やその猿真似製品がボコボコ出てくる状況を見て
これが一時のブームか何かの間違いであると言える人はもはやいないであろう。

ジョブズ氏は、最初にApple Iを創った時からiPadを産み出すまで
次々とイノベーションを繰り返してきたのである。
そこにはその時代時代のテクノロジーと
彼の芸術とも言うべきインスピレーションとの結合があったとも言える。

ソフトバンクの孫社長が、彼の死に対してツイッターでこう言っている。
「スティーブ・ジョブズは、芸術とテクノロジーを両立させた正に現代の天才だった。数百年後の人々は、彼とレオナルド・ダ・ヴィンチを並び称する事であろう。」

彼はものづくりの天才であったわけだが、
そのイノベーション精神は我々が受け継ぐことができないものではない。

しばしば医療は「サイエンスとアート」からなると言われる。
サイエンスによって産み出された、今ここにある技術や根拠を
一人一人の患者さんというキャンパスに適用していくのはまさにアートである。
そこに我々医療従事者はイノベーションを起こせる可能性を秘めているのだ。

私は薬剤師だから、さすがに世界は変えられないだろうが、
この狭い精神科の世界だったらいつか変えられるんじゃないか?
そういう考え方を教えてくれたのが、ジョブズ氏の生き方だった。

この度のジョブズ氏の死は世界にとって非常に大きな喪失体験であるが、
まさにレオナルド・ダ・ヴィンチやトーマス・エジソンらと並び讃えるべき人間と
同じ時代に生きていたことは非常に幸運であったのだ。

これを機会に、イノベーションという生き方を一人一人考えてみてはどうだろうか?

ポジティブな言葉を使う

昨日一昨日とプライマリ・ケア認定薬剤師短期集中研修会に行ってきた。

てゆーか、広島での開催をお手伝いしてきた。

その辺のこと、
イッパイ日記に書いてみたんだけど、
アップする直前に全部消えてしまったので
一部のみ書く(泣)

今回特に共感したのは、ポジティブな言葉を使うことである。

「忙しい」を「充実してる」に。

「大変だ」を「やりがいがある」に。

「難しい」を「面白い」に。

「疲れる」を「楽しい」に。

無理矢理でもいいから、1日ぐらいネガティブワード使用禁止の日とか作って
そういうポジティブに変換した言葉ばっかり発してみませんか?

使う言葉が変われば、考え方が変わる。

考え方が変われば、習慣が変わる。

習慣が変われば、行動が変わる。

行動が変われば、未来が変わる。

ポジティブな言葉を使って、未来を創造していきませんか☆




一人暮らしなう

当初、小学生になった息子に一人旅をさせようと
一人で妻の実家(愛媛県)に行かせようと画策してたのだが、
(呉からフェリーに乗せて松山に迎えに来てもらえば間違いは無いので)

なぜか妻が一緒に帰省するという話になりまして(あれれ?)

先日マイカーが納車されたタイミングで子供らみんな連れて帰ってしまいました。

あ、マイカーのJZX100チェイサーのインプレッションはまた別の機会に

それでまあ現在つかの間の一人暮らしを楽しんで(?)おります。



友達と飲みに行ったり、

全裸で扇風機の風浴びたり、

まあ、気楽でよござんすよ



そしていきなりでも声かけたら付き合ってくれる人がいることに感謝。

改めて幸せを感じます。




肉食女子

妻によると、
最近娘の愛鯉(仮名、4歳)が「プリキュア」にハマってるらしい。



プリキュアって何?
美味いのか?w

とまでは言わんが、
ワタクシのような男子にはよく分からん世界です
一応、参考までに公式サイトを見てみたが、
キラキラしてヒラヒラし過ぎて気分が悪くなりそう

やっぱり女の子だなぁ。
こういうのをカワイイと思えるとこ、
そしてカワイイかどうかが基準なとこw



なんて、思いながら愛鯉と話をしてたら
愛鯉いわく、

「今日もね、プリキュアで遊んだんよ

ん?
我が家にはプリキュア関連グッズは一切無いはずだが、どうやって???

「プリキュアと戦ったんよ」

え???

「それで倒したんよ」

えええーっ!?

「それからプリキュアの肉を食ったんよ」

プリキュア狩りですか!

「美味かったよー父さんも今度一緒に食べようよ」



前言撤回。
うちの娘はフツーの女の子じゃなかった
これがホントの「肉食女子」か。

父の日に想う

今日は乳の日だ。

もとい、父の日だ

子供にとって父親って、何なんだろうね?

それを考えるようになる前に、

ワタクシの父は他界した。

心理学的には父性というものも人間の発達には重要らしいが

思春期にそれを示してくれる人がいなかったらどうなるんでしょ?

ワタクシの場合は幸い、父の記憶はしっかりとあった。

それは今にして思えば多分に美化されたものであったろうが、

「父ならこの時何て言うんだろうか?」

という自分の心への問いかけを頼りに生きてきたところがある。

いわば「心の父」に従って生きてきた。

それでも何とか生きていけるオトナにはなれたつもり。

ワタクシの子供たちにも、少なくとも
それが考えられるようになるまでは父親像を示してやりたい。

精神分析の祖の1人であるユングは
人は心の中に神話(要するに拠り所)が必要だと説いている。

ワタクシにとっては言わば神格化した父親像が
自分の心の神話だったのかもしれない。

などとマジメなことを語りながら
妻の乳を拝んでみるwww

そんなことやってるから妻にはバカにされるが、
漢にとっては女性の乳房も神がかったものなのだ

アクセスログから

いつの間にか公式ブログを開設して1年が過ぎました。

まあ、その前に2年ぐらい非公式の試行期間があったし
完全に匿名では4年半ぐらいブログ書いてるし
てゆーかウェブサイト持って好きなこと書き始めたのは10年以上前だし

もはや1年ぐらいでは何の感慨も無いのだがw
(すっかり忘れてたので正確には1年と2ヶ月ぐらいになっちゃったし)

ということで、1周年記念として
全然関係無いけどアクセスログについてちょっと考察してみる。

アクセスログってのは、
いつ、どのパソコンが、どこからのリンクでこのブログにアクセスしてきたかの記録だ。
というとよく知らない人がビックリするから解説するが、
どのパソコンってのは具体的な場所じゃなくて、
あくまでIPアドレスというインターネット上の住所なのでご安心を。
ワタクシのようなイチ個人がそれを元に具体的な場所や使用者を特定することは不可能です。

だからそんな記録を見てもあまり感慨が無いので
ワタクシはリンク元を時々見るようにしています。
つまりどこからリンクされているかということには興味がある。
で、それに関連して、どんな検索ワードでうちのブログがヒットして
アクセスされているかというのも分かるようになっている。
それが非常に興味深い。
皆さんが一体どんなキーワードでここを見つけてやってきてるのか?
これはこのブログの見られ方を知るためにも時々見ておきたい。

さて、
栄えあるトップワードは「DIEPSS」である。
あ、確かに。今試しにGoogleで検索してみたら上から7番目にヒットした。
う〜ん、DIEPSSについてはいろんな書籍が出ている中で
ここまで順位が高いのは素晴らしい。
(Googleは、具体的基準は知らんが、より重要性や信憑性が高いものを上位に表示させるようになっている。もちろん、上位に表示させるためのテクニックもあるので、必ずしも信頼に足る情報や重要な情報が上位に来るわけではないことに注意)
ただ、DIEPSSのことを具体的に学ぼうと思ってうちに辿り着いたのなら
そんなに詳しく書いてるわけじゃないのでちょっと申し訳ないな(´・ω・`;)

それからワタクシの名前で検索して来られる方がいるようですね。
良いことです。
以前は某サーキットのベストラップに連ねてる名前が上位に来る有様でしたからねw

次が「BPRS」なんですね。
う〜ん、これも申し訳ない。
以前勉強した知識をまとめて書いてみたのがヒットしてるようだが
多分大したことは学べないと思う。

ということで、
検索の上位に来るキーワードから連想される疑問に
このブログが答えになるかと言われるとイマイチなところなので
このブログは検索において誰かの役に立っているという可能性は低いと考えられるorz
まあ、もっと役立つ記事を書いていきたいですね(^^;)

で、
番外編として何だこりゃ?みたいなキーワードを挙げてみますと
「摘便」ってのが少なからずあるんですわwww
これも申し訳ない、全然回答になるブログではないです。
以前に自分で摘便しちゃった患者さんの話を書いただけです(^^;)

まあ、以前やりたい放題で運営してたテキストサイト時代は
トンデモナイXXX級のキーワードで引っかかったりしてたから
それに比べるとかなりマトモになってきておりますよ★

てな感じで、
もっと人の役に立つブログを目指して頑張ろう♪
(とはいえ、あくまでワタクシという人間を知ってもらうことが
 このブログの第一義なので、あまり気にせずに
 好きなこと書くことになるだろうな・・・)

あ、こんなこと書いてたらまた上記のようなキーワードで
このブログが引っかかりやすくなっちまう・・・(;´Д`)

福島さんの野菜

福島県産の野菜が風評被害にあっている。

放射能汚染が基準値以下でも市場で値段が付かず
野菜が売れなくて困っている農家がたくさんあるという。
その中のいくつかの農家がネット販売に乗り出したというテレビ報道を見て、
こちらで妻が福島県産のニラを購入した。
 ↓
http://www.nihonmatsu-farm.com/

その量、2キロ・・・



テレビで農家の方が「個人への販売は初めて」と言っていたらしいが

いくらなんでもロットがでかすぎないか?

それを妻にツッコミ入れて、近所に配ったらどうかと言ってみたが、

頑張って料理してみせると豪語するので
ニラ臭くなって仕事に差し支えそうだが
とりあえず黙って様子を見ることにした。



5日ほどたったある日の昼、
外回りの昼休み中に妻がメールで「来たよ〜」と写真送ってきた。


全部で20束あるらしい。
普通1束か2束ぐらいしか買わんから、
こうして見ると確かに多い・・・
しかし、手紙とニラ料理レシピまで添えられていて
とても心あたたまる贈り物だ

送料など含めたらスーパーで買うのと変わらん値段らしいが
まあどうせなら被災者を応援するのも良いだろう

ちなみにニラは冷蔵庫で袋やラップでくるんどけば2週間ほど大丈夫らしい。
1日1〜2束ずつ食っていけば我が家だけで消費可能だ。
既にニラ玉、あんかけ焼きそば、みそ汁、お吸い物、おひたしなどになって
ここ数日連続して食卓に上ってるが、
もともとニラは嫌いではないので今のところ美味しくいただいている。
それにニラ風味はあるが、あまり臭いとは感じない上品なテイストだ。

ロットが大きい問題なら何人かで共同購入で良いだろうし、
福袋的な商品もあるようなので、
ちょっと探す手間をかけて、待つ暇を楽しんで
こちらも農家もハッピーになれる被災地支援をしてみてはどうだろうか?

ちなみに参考までに



早く原発問題が収まりますように。

<< | 2/9PAGES | >>